妊婦さんの便秘
女性は妊娠すると、便秘しやすくなります。
黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響
妊娠初期~4ヶ月に入るころまでは、母体で黄体ホルモンの分泌が活発になります。
黄体ホルモンには体中の水分を集め、子宮内に溜め蓄える働きがあります。
すると、腸内の水分量も減ってしまい、便が硬くなってしまいます。
子宮の増大
赤ちゃんと子宮は、毎日どんどんと大きくなっていきます。
お腹が大きくなるにと、腸は背中の方に移動して圧迫される為、便が出ずらくなっていきます。
つわりの影響
食事があまり食べられなくなったり、食事の好みも変化して、バランスよく適量を食べるのが難しくなります。
また、貧血の治療の為に鉄剤を飲むことでも便秘になりやすくなります。
運動不足
妊娠中は、体調の変化も激しく食事内容の変化もあり、運動を定期的に行うことが難しくなります。
つわり中は、歩くことも辛い状態になり、運動そのものが不可能になる場合もあります。
妊婦さんの便秘対策
一番大切なのは、無理をしないことです。
お腹の赤ちゃんと母体の快適を優先させながら、できることを行いましょう。


①こまめに水分を補給しましょう。 できるだけ朝のお水や牛乳で腸に働きかけましょう。
②つわりで苦しい時の繊維質は、こんにゃくゼリー、寒天、ナタデココなどでも摂取できます。
③湯船につかるようにしましょう。身体が冷えていると腸のぜん動運動が低下します。
④運動は、ウォーキングやマタニティスイミングなどがオススメです。
 昔からいわれている、床や窓の拭き掃除も効果があります。(くれぐれも疲れない程度の量で、無理をしない)


苦しい時は病院へ相談
妊娠中の体調の変化は劇的で、急激に便秘が進む時があります。またお腹にガスが溜まってしまうと子宮が大きい為に、よけい苦しくなります。
妊婦中の便秘はよくある症状です。苦しい時は遠慮なく、産婦人科の医師に相談しましょう。