HOME > 三重の初詣 > 頭之宮四方神社
頭之宮四方神社
■豆知識
桓武天皇の子孫、唐橋中将光盛卿の髑髏(どくろ)を祀ることから、「あたまの宮さん」と親しまれ、「頭之守護神・知恵の大神」として信仰を集めています。特に首より上部(頭・目・口・鼻・喉・首)に関する諸祈願に霊験あらたかなお宮として全国的に知られています。
■ポイント
「興玉の神」として先達・縁結び・安産、「船玉の神」として航海・旅行安全の守り神など様々な御神徳があります。
松下電器産業の創始者・故松下幸之助氏が、日本庭園に寄進した茶室「鈴松庵」も大変有名です。

本殿近くに湧き出る「頭之水」は、「知恵の水」として、飲めば内より罪・厄を祓って活力を与えます。また身体につければ外より祓え清めて守護を得られる御神水といわれています。
頭の神の為、合格祈願や学力向上祈願も人気があります。

12月31日夜~1月1日
頭之福餅(こうべのふくもち)の授与(無料)があります。
住 所 三重県度会郡大紀町大内山3314-2  0598-72-2316
MAPはこちら
予想人出 約4万人
ご利益 家内安全・無病息災・交通安全・進学・就職・開運・屋敷清祓
公式HP http://www.koubenomiya.or.jp/
アクセス JR紀勢本線(きのくに線)大内山駅下車 徒歩10分
駐車場 有り
その他