HOME > 愛知の初詣 > 真宗大谷派名古屋別院(東別院)
真宗大谷派名古屋別院(東別院)
■豆知識
尾張藩主、徳川光友公より織田信長の父信秀の居城「古渡城」の跡地1万坪の寄進を受けて建てられた、一如上人によって開かれた真宗大谷派の寺院です。
以来、約300年にわたり、名古屋別院は尾張の人々の信仰を仰ぎ、広く「御坊さん」の名で呼び親しまれています。

■ポイント
名古屋別院の鐘は元禄5年(1692年)に鋳造され戦時中の供出を逃れた、歴史的にも貴重な鐘です。
また、高さ177.5cm、口径108cmで江戸時代の鐘としては名古屋市内最大の大きさを誇ります。

【初鐘(はつがね)/除夜の鐘つき】
1月1日0:00~1:30まで(1グループ1突き)
無料です。
0:00より本堂前で甘酒のふるまいもあります。
住 所 名古屋市中区橘二丁目8番55号  052-321-9201
MAPはこちら
予想人出
ご利益
公式HP http://www.ohigashi.net/
アクセス 地下鉄名城線「東別院」駅下車
駐車場 有り
その他