HOME > 三重の初詣 > 椿大神社(猿田彦大本宮)
椿大神社(猿田彦大本宮)
■豆知識
天孫降臨の際、八百万神の先頭に立って迎えたといわれる猿田彦大神を御祭神とする神社です。猿田彦大神は、ものごとの最初に御出現になり万事最も善い方へ“おみちび き”になる大神とされています。
昭和初期、内務省神社局の調査によって、全国二千五百社に及ぶ猿田彦大神を祀る神社の総本宮であることが再確認されました。

■ポイント
「興玉の神」として先達・縁結び・安産、「船玉の神」として航海・旅行安全の守り神など様々な御神徳があります。 松下電器産業の創始者・故松下幸之助氏が、日本庭園に寄進した茶室「鈴松庵」も大変有名です。

大晦日の16:00から師走大祓式
元旦0:00からは歳旦祭が斎行され、参拝客に甘酒が振る舞われます。
住 所 三重県鈴鹿市山本町1871  059-371-1515
MAPはこちら
予想人出 約31万人
ご利益 家内安全・無病息災・交通安全・進学・就職・開運
公式HP http://www.tsubaki.or.jp/
アクセス 近鉄名古屋線近鉄四日市駅下車 バス椿大神社行きで終点下車すぐ
駐車場 有り
その他