HOME > 愛知の初詣 > 津島神社
津島神社(津島牛頭天王社 ごずてんのうしゃ)
■豆知識
日本全国に点在する天王社の総本社であり、戦国時代には織田信長が氏神と仰いで造営その他に協力した古社です。
古くは津島牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)と呼ばれていました。また豊臣秀吉が寄進した楼門、豊臣秀頼が寄進した南門は県の重要文化財に指定されています。

■ポイント
牛頭天王信仰の総本社だけあり、観光バスなどで全国から人々が初詣に訪れます。
津島神社門前で昔から販売されている名物お土産の代表といえば、米粉を油で挙げた「あかだ」「くつわ」があります。丸い形のものが「あかだ」、馬のくつわ形となったリング形のものが「くつわ」で味は同じ・・・お好みで選べます。
住 所 愛知県津島市神明町1  0567-26-3216
MAPはこちら
予想人出 約23万人
ご利益 疫病災難除け、授福
公式HP http://tsushimajinja.or.jp/
アクセス

名鉄津島線津島駅から徒歩15分

駐車場 有(無料)
その他 屋台が出ます