ご近所ねっとトップへ
豆まきで厄払い 名古屋の節分特集
節分の豆知識
節分とは

豆まきの知識
 (恵方巻き・鰯等)


今年の恵方は

尾張(名古屋)四観音とは


名古屋の節分
大須観音

笠寺観音(笠覆寺)

荒子観音

龍泉寺

鳳凰山 甚目寺
成田山萬福院
八事山 興正寺

節分を楽しむ
ペーパークラフト
鬼を作ろう


節分料理


リンク集

豆まき&恵方巻きなどの風習
豆まきは、中国から渡来して平安時代の宮中になった『鬼』を払う『追儺』という儀式と、もともと寺社が邪気払いに行っていた『豆打ち』という儀式が、一緒になっとものと考えられています。

昔は貴族のみが行っていた行事でしたが、近代になり、宮中行事ではなく一般の行事として、節分に『豆まき』をしたり、戸口や門に『邪気払いの柊や鰯を付け』たり、また『恵方巻きを食べ』たりするようになりました。

豆まき・・・1年の邪気を払い無病息災を願う

夜に『鬼は外、福は内』と言いながら豆(炒大豆)をまき、年齢に一を足した数の豆を食べます。
(翌日の立春が新年という考え方の為、来年の分の豆を1つ足して食べます。)

●他の地方では、節分豆の代わりに落花生をまくところもあります。 その方が食べやすいし拾いやすいので合理的なのだとか…

●また、炒った大豆を神様に供えてから撒く・・・というところもあります。

恵方巻きを食す・・・福を願い、商売繁盛

夜にその年の恵方(えほう)を向いて、巻寿司を丸かぶりすると、その1年間に必ず良いことがある・・・といわれています。

●恵方とはその年の歳徳神がいる方角の事で、今年は【南南東】です。
縁を切らない為に、包丁は入れず丸ごと食べます。

※これは江戸時代からあった風習でしたが、戦争でいったん廃れてしまいました。
しかし、1977年に大阪海苔問屋協同組合が節分のイベントとして道頓堀で実施したものから、全国的に広がったといわれています。

柊や鰯を門口に立てる・・・邪気払い

柊(ひいらぎ)の枝に鰯(いわし)の頭を刺したものを、門口(戸口)に立てて置いて、邪鬼を払います。
※柊ではなく縄に鰯を付けるところもあります。

●柊の葉はその先のとがったところで、鰯の頭はその悪臭で、鬼を追い払うといわれています。

※本コンテンツの掲載情報の利用に関しては、ご自身の責任において行って頂きますようお願いします。
当ホームページの記事、画像などの無断転載を禁じます。

produce by Gokinjyo-net(名古屋お出かけ情報・ご近所ネットへ