ご近所ねっとトップへ
豆まきで厄払い 名古屋の節分特集
節分の豆知識
節分とは

豆まきの知識
 (恵方巻き・鰯等)


今年の恵方は

尾張(名古屋)四観音とは


名古屋の節分
大須観音

笠寺観音(笠覆寺)

荒子観音

龍泉寺

鳳凰山 甚目寺
成田山萬福院
八事山 興正寺

節分を楽しむ
ペーパークラフト
鬼を作ろう


節分料理


リンク集

節分とは
節分は「季節を分ける」という意味で「節分」となります。
現在、節分は立春の前日のことですが、本来は、季節の始まりを表す「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日はすべて節分と言われていました。
その中でも一番重要とされていたのが、「立春の節分」。つまり今の節分なのです。
また立春を一年の始まりのひとつとする「立春正月思想」から、立春の節分に 「豆まき」等の儀式を行うようになったそうです。
節分の行事は室町時代に、中国から「鬼やらい:追儺(ついな)」の儀式として伝わり宮中で行われたのがはじまりです。

立春
24節季の一つで、2月4日ごろをさします。
二十四節気の最初の節で、八十八夜、二百十日など、すべて立春の日から数えます。暦の上では旧冬と新春の境い目にあたり、この日から春となります。

●立春以降に初めて吹く南よりの強風を春一番と呼びます。

立春正月思想
旧暦では1年の始まりは立春からと考えられていました。
この場合、「立春」はお正月に「節分」は大晦日にあたりますので、大晦日の節分行事には1年の厄払いと翌年の福を願う・・・という「年迎え」の意味があります。

※本コンテンツの掲載情報の利用に関しては、ご自身の責任において行って頂きますようお願いします。
当ホームページの記事、画像などの無断転載を禁じます。

produce by Gokinjyo-net(名古屋お出かけ情報・ご近所ネットへ