ご近所ねっと
ご近所ねっとトップへ
TOP >> 赤ちゃんと痔について
赤ちゃんと痔について
痔は大人だけの病気ではなく、生まれたての赤ちゃんにもおこりうる病気です。
赤ちゃんや子供がなる痔を「幼児痔ろう」と呼んでいて

・生後から1歳頃になる事が多い
・男児に多い

などの特徴があります。

赤ちゃんが痔ろうになる原因ですが、今のところ特定が難しく、最有力候補でオムツの蒸れだと考えられています。

幼児痔ろうの治療法ですが、幹部を切開し膿を出すこと。
オムツを頻繁に取り替えたり、消毒液を使って患部を清潔にたもちます。

幼児痔ろうは根気よく治療を続ける事により1年以内に完治する事が多いようなので、それ以上ひどくならないようマメに治療しましょう。

次はこちらへどうぞ
>>痔のあれこれ「痔の再発について」


Copyright (C) 痔shock! All Rights Reserved. produce by ご近所ネット